>>>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
natuyasumi 019
ヒーリングをビジネスにすることはやっぱりできないし、共感できない。
この思いをはっきりと持つこととなった8月。
いいえいいえこの思いを持つために何ヶ月も何ヶ月も生きて、考えて、経験して祈ってきました。

カラダ、ココロ、カンガエ、それからセンサー
全部駆使して、みんなでがんばって生きてるし、仕事しているわけですけれど★
オリンピックを見ていても感じるように、いろんな人と一緒に汗水を流して、涙もときどき流して、たくさん考えたり感じたりしながら毎日を大切にしていくこと、積み重ねていくことって本当に素敵なのです。

ちょっとの努力や勉強とか、付け焼刃では得られないものってあると思うし、神さま?もちゃんとそういうゆうに作られたんだと思う~。
ずっとずっと先に進んで「いい日だな~」と思う日が来たときに振り返るとやっとわかるような。。。

自分の位置を知るってとっても大切と思うのです。

本当に感覚が鋭かったり、いわゆるサイキックな人なら気づいているハズだもの。
センサーがあるはずだもの。

日本は資本主義だからひとつひとつのビジネスは任意っていうことで成立しているけれど、目で見えない本当の部分で、必ず答えはでてくるのでしょう。


ずっと本当に大変な人、救われたい人が救われない現状を知ったりしました。
本当に大変な人は、そんなに多くのお金を貰う仕事ができないでいることが多いからです。
お金がない人は自分を癒すこともできないのですか?


ヒーリングはヒーラーのエネルギーなしでもできることを知りました。
エネルギーの交換としてのやりとりは別に必要ないこともあるということです。

チャネリングなどなどの力を通してビジネスする危険性も感じました。
行う人が何かをそれで得ることによって、結局は交換条件が生まれています。
それは、形のない存在を広めることです。結局、伝統や経験のないぶん、「新しい宗教」と思われることでしょう。
何より、人間が学んで生きていくことが一番なのに、それが薄れる危険があることでしょう。
(だってけっこう上から~だぞとか~しなさいとか多いじゃない。人がいろいろ経験して学ぶことなのに)

何事も扱いようなのかもしれないけれど。。。
やっぱりセンサーなのかな、これも。


それにしても見えないものを扱うこと、大きな存在やツールを扱うことって普通に聞いていても威圧感がありますよね。
その分人の弱みにつけこむという形にもなりやすいのかな~と思います。
たとえ善意であっても。
だって、「私は見えない、感じない」と思う人にとって、それは希望にもなるけれど脅威だと思うし、怖いと思う感覚も持ってしまうこともあると思うのだもの。



それにしても、どこまでの知識や経験で人に伝えるということができるんでしょう。
例えば外国の人が、茶道のお作法を習って一通りできるようになったから誰かに教えるという行為ができるでしょうか?
日本の文化や背景を深く深く知る必要がありそうです(日本人でも同じだろうけれど笑)。
だけど、誰がどこまでと決めるのでしょう。
見えないものを扱う仕事は本当に繊細なのに。

でも、だからルールがあるんですよね?
資格とか試験とか。

ルールはたくさんの人を守るためにあるんだと思います。

そして、ルールの中で社会の人としてがんばって生きることが地に足のついた人なのだと思っています。



真実は1人1人それぞれが作って、それぞれにあるものと言うようなのでね、これが私の真実。少なくとも。
私の目で見て、私が考えていることです。
これに気づいてから、私はもっといろんな世界を見たいと思うようになりました。



また、言葉は贈り物だと言われました。
まだまだ未熟者の私。それこそ年末からずっと苦しみながらここまでたどり着いたところ。
私も、謙虚にこれでいいの?これについてどう思うの?感じるの?と振り返りながらこれからやりたいことを、ちゃんとがんばって生きたい。
そして、贈り物ならば自分の言葉を伝えるということのできる人になりたい。
私がたくさんの人に守られている分、私より弱いところにいる人がいたら守りたい。
そのために信頼している人から学びたい。
強くて優しくありたい。

やっとスッキリしました。
大きな存在の約束に本当に感謝しているところです。
そして、またじっくり学びます~★
だって、何事にも学んだことを根付かせるには時間をかけるということも、とってもマナーというか、誠実さであると思うからです。



スポンサーサイト
2008.08.20 | 未分類 | Comment:4
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。