>>>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
070613_08.jpg
真実は1人1人がその瞳で見たもの、聞いたものが毎日新しく作り上げていくもの。
それなのに、わたしもお仕事をしているとよくやるのだけれど、

~~~~は~~~~~であるべきだと思う

とか、

~~~~~ではないでしょうか。

とか、

いくら言葉は柔らかくても自分の考えをだ~~~~~って言ってしまうの。
頭が回るから余計強く相手は感じてしまうかもしれな~~~~いって心配しています。
自分がやっていることだけが正しいって言い方をしないようにするってとっても難しいものね。
とくに私とか周りの人がしている辺りのことを扱う人は気をつけなくてはとっても威圧的になってしまうものね。
怖くなると思う。
たくさんの社会の中にいる人たちは。

まさに先生なんて言われる職業だもの気をつけなくては。
立派じゃなくちゃいけない!って気持ちも強くなってしまうし、謙虚さが遠くなってしまうもの。
って、就職してからずっと気をつけてきたこと。
何かを学ぶように先生を持つように求めながらバランスを取ろうといつも必死だったな。
だって22歳でいきなり先生だなんてすごく危険を感じたんだもの。
今だってそう。


絶対なんてどこにもないのに、すぐに絶対を求めてしまうところがかわいいところでもあり、
できるだけ気をつけていきたいところだな~~~~ってしみじみ思う夜なのでした。


判断しないって、とっても難しいけれど、これからの子たちと生きるためには、本当に私たち大人が学んだほうがいいことなのかもしれないな~。
ゆるっと。
ちょうどいいゆるゆるを見つけたから私、それに触れていたい!

そして自分の瞳で丁寧に自分の真実を作るっていう生きる作業をしたいな~。
用心深い私だからこその世界は、ほんのりなるようになるよって言いながら、良くなっていきますように・・・。
スポンサーサイト
2008.07.25 | 未分類 | Comment:0
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。