>>>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
20070917221647.jpg

今日は敬老の日なのでおじいちゃんのところに行きました。
本気で愛しているのでおじいちゃんらぶゆ~。

「ちょいとちょいと~」
って呼ばれたので近寄るとこの子。
あ。クロアゲハの幼虫さんだぁ~★ここにまた、生まれたの?
「来年またちょうちょになるから~。」
蛹のまま冬を越すつもりだそうです。もう、秋なんですね暑いけど!!!!(本気で暑くて嫌気)

何か、命のリレーを感じたひとときでした。
もう、あんな街中に連れて行きませんから~~~ネクスト蝶生全うしてください。とお祈りしつつ。


なおみ実家の命のリレーは出羽屋という山菜料理やさんで。
20070917221641.jpg

弟お父さんおじいちゃん3人並んでこれぞ命のリレーダメ押し(人差し指ぴ!)。
その次が私にも弟にもないのでおじいちゃんに100歳までは待つように言いましたひどい兄弟です。
冗談ですけども(笑)。

おじいちゃんは本当に今日もかわいいのですが、ふと驚く出来事を話し始めます。今日はいきなり70年前の話をしていました。
時折、「何年前だ?」何て言って頭の運動を促す孫。←愛ですから

あのチョウチョの住むおじいちゃんのお家では毎年毎年順番で町内会分の御札を湯殿山からいただいてくる風習があるのですが。
ほんの30年前くらいまでは、湯殿山から禰宜さん?をお連れして、お膳出してお祈りする程大々的なものだったらしいのです。
おじいちゃんが15歳になると、「初参り」と言って、てくてく歩いて登って(歩いたら本当に相当なもの)御参りしたというのです。
湯殿山に程近い麓とは言え・・・。しかもその頃は女人禁制。
(本来女人禁制って3次元的な考え方らしいですけど。。。)
とにかくそうゆう昔ながらのゆっくりした時間が流れる土地。
でも、子どものころはとても怖いものとかいろいろいたところだし、今はエネルギーが重く感じられて仕方のないところです。
蛇さんも天狗さんもいろいろ当たり前にいるんだもの。
その分動物も当たり前に過ごしていますし、私はここが大好き。
きっとお父さんも子どもの頃同じようなことを体験していたのだと思います。



話はそれましたが、私が来週辺り何だか知らないけれど湯殿山に行かなければ~~~~~って思っていたときにおじいちゃんが話し始めたので、ちょっとびっくりしました。

ふらふらしないようにしっかりして行こうっと。
スポンサーサイト
2007.09.17 | 未分類 | Comment:0
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。